布団のクリーニング会社をうまく利用しましょう

  • 布団のクリーニング会社をうまく利用しましょう

    • 布団・シーツや枕などの寝具は、いつもきれいな状態で使いたいものです。


      夏は汗を吸い、冬場は湿気をともなった状態だと気持が悪く寝付きも悪いです。


      シーツやカバー類はよく洗い、天日干しもよくするという方でも「布団をよく洗う」方はあまりいないと思います。
      洗える布団は最近よく売れていますが、それでも洗うこと自体が大変な重労働となりますから、消臭剤と天日干しでお茶をにごすというケースも多いのではないかと思います。

      確かに洗えるものは存在しますが、それはクリーニング店で専用の機械で洗えるということで、自宅では洗えないものも存在します。

      またドライマークが付いたものは自宅では洗えませんから、クリーニング店に依頼することになります。


      自宅で洗えないものは洗濯表示タグの水洗いマークに×印が大きく表示されています。

      知って納得の布団のクリーニングの情報を要約した情報サイトです。

      自宅で洗える場合でも洗濯機が小さくて不可能だというケースが出てきます。

      ドラム式などは無理に洗おうとすると故障の原因となったりしますから要注意です。不安であれば布団も洗えるコインランドリーの活用を考えたいところです。



      それでも自宅で丸洗いしたいときは浴槽を使用する方法がありますが、使う洗浄剤や洗う労働、干すことなどを考えると大変な作業となります。割合薄めの毛布などを洗うときでも洗濯〜洗浄〜乾燥と、水を吸って鉛のような重量になった物体を取り扱うことを考えると、想像するだけで汗が出てきます。



      布団を洗う方法としておすすめするのは、やはりクリーニング会社に依頼することです。
      現在は宅配のように集荷にきてくれてクリーニングが終了したら配達してくれる一連のシステムを確立している会社がたくさんあります。


      専門店ですから、羽毛などのデリケートなものを洗うときにも専用の洗浄機を使いますし、中には万が一の時の補償(金額の上限はありますが)まで行う会社さえもあります。こういった会社をうまく利用することをおすすめ致します。

  • これからの布団

    • 晴れているときは天日干ししたり、家電品の乾燥機を使ってかわかしたり、なんとかして毎日の睡眠を快適にしたいと考える寝具が布団です。シーツは毎日取り替え、枕カバーも毎日洗い、それでも布団だけは洗うことができません。...

  • 布団のテクニック

    • 晴れた日に布団を干すことはあっても、丸洗いまですることは一般家庭であれば容易いことではありません。干すだけで十分だと考えている人もいるかもしれませんが、中に潜んでいるダニやダニの死骸までを取り除くことは難しいです。...

  • 布団について思うこと

    • 生地の種類によっては自宅で洗濯ができないものもありますが、洗濯機に入らないような大きなものも同様にクリーニング店を利用せざるを得ないことになってきます。しかし、大きなものになると店舗まで持って行くのは大変であり、布団となれば大きすぎるので自転車に乗ったり歩いて持ってくことは不可能となってしまいます。...

  • 布団の注目情報

    • 布団は毎日使うものなので多量の汗を吸います。フケや垢も染み付いていきます。...

top