現在の規制が闇スロットを支えている

###Site Name###

現在のパチンコ店にあるスロット遊技台というのは、5号機と呼ばれている台になります。
前身の4号機というのは、爆裂台という名がついており、短時間で大勝出来るほどの台として注目を浴びていました。1時間で数万円はもちろん、1日中遊戯をすることで数十万円勝ったという人もいたくらいです。

闇スロットのさまざまな情報が満載です。

そのようなことからプロとしてパチスロ専門で稼いでいる人も現れました。

しかしその爆裂台が問題になり、働かない人が増えて、借金の温床になり破産者が増え、しまいには自殺者も出るようになったことから社会問題化し撤去されるようになりました。そこで登場したのが5号機です。



5号機は遊べるスロットと言われ、4号機と比較すれば物足りないゲーム性になりました。現在はいろいろとアイディアを取り入れて、4号機に近づいては来ましたが、往年の4号機に比べるとあの頃の時代を知っている人たちにとっては、物足りないゲーム性になっています。

そのあの頃を知っている人たちが通っているのは闇スロット店になるのです。闇スロットと聞くと違法なスロット台が置かれているという印象を受ける人も多いですが、実際はその爆裂台である4号機が設置されている闇スロット店も多いです。ただそれだけでは物足りないので、貸しメダルのレートを50円や100円に設定し、客に遊戯させるお店になっています。

もちろん違法です。違法のお店が営業できている背景に、現在の規制が絡んでいることは無視できないでしょう。