布団のクリーニング会社をうまく利用しましょう

  • 布団クリーニングで衛生的に

    • 生地の種類によっては自宅で洗濯ができないものもありますが、洗濯機に入らないような大きなものも同様にクリーニング店を利用せざるを得ないことになってきます。

      独自のシステムで布団のクリーニングの様々な相談を受けることができます。

      しかし、大きなものになると店舗まで持って行くのは大変であり、布団となれば大きすぎるので自転車に乗ったり歩いて持ってくことは不可能となってしまいます。



      そのために、マイカーを持っている人に声をかけて運ばせてもらったり、クリーニング店のスタッフに自宅まで取りに来てもらうという方法がいままでの選択肢となっていました。



      しかし、近年では新しい布団のクリーニングの出し方として、宅配クリーニングという方法が登場しました。


      宅配便を利用して布団を送ることになり、仕上がったら宅配便で自宅まで届けてもらうことができます。


      宅配便は日時を指定することができるので、忙しい人でも計画的に出して引き取ることができます。

      持ち運びも玄関までとなるので、女性や高齢の人にもとても便利です。

      宅配クリーニングでは、送料がかかるので結果的には高いのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。
      布団を出すときと戻してもらう時の2回の送料にプラスして、布団が入るような大きな袋を持っていないという場合には先に送ってもらうこともできるので、合計で3回分の送料が必要になってきます。
      しかし、全てを含めた料金で設定されており、それでも店舗に出すよりも安い料金で利用ができるというのも人気の秘訣です。

top